• ホーム
  • 大家検定|日本不動産コミュニティー(J-REC)神奈川第一支部: 検索結果

タグ「大家検定」が付けられているもの

学習ガイド

2009年3月17日 登録 |

賃貸経営実務検定
資格のステップアップで、賃貸経営のプロとしての知識を段階的に学び、さらなる活躍の場を広げます。
 

大家検定 資格取得に向けて、総論・不動産投資・税務・ファイナンス・建築・賃貸管理経営・企画コンサルティングの専門知識の習得が必要となります。
 
2級、1級、マスター資格により、専門知識の範囲や習得レベルが異なります。

大家検定  
 
詳しくは、学習ガイドをダウンロードしてご覧下さい。(平成20年11月25日更新)
大家検定学習ガイドPDF形式約225KB

 
【I総論】 【II不動産投資】
  1. 社会経済の変化と今後の賃貸経営
  2. 不動産投資のメリットとデメリット
  3. ライフプランニングと不動産
  4. コンサルティング活動とコンプライアンス
  1. 不動産投資に関する実務知識の習得
  2. 不動産の取引に関する実務知識の習得
  3. 借地取引に関する実務知識の習得
  4. 不動産の調査に関する実務知識の習得
  5. 不動産関連法規の理解
  6. 競売に関する実務知識の習得
  7. その他の知識
【III税務】 【IVファイナンス】
  1. 不動産の税務に関する実務知識の習得
  2. 事業収支プランニングと税務
  3. 土地・建物を売る人への税金コンサルティング
  4. 土地・建物を買う人への税金コンサルティング
  5. 贈与・相続をうける人への税金コンサルティング
  6. その他の税務コンサルティング
  1. 不動産のファイナンスに関する実務知識の習得
【V建築】 【VI賃貸管理運営】
  1. 建築計画に関する知識の習得
  2. 建築構造と建築材料に関する知識の習得
  3. 建築施工に関する基礎知識の習得
  4. 工事管理の基礎知識の習得
  5. 建築関連法規に関する基礎知識の習得
  1. 満室経営維持に必要な管理実務知識の習得
  2. 満室を実現する入居募集実務知識の習得
  3. 賃貸借契約の種類と締結方法
  4. 賃貸経営に関わるリスクへの対処法
  5. コンバージョン、リノベーション、リフォーム手法
  6. 入居者の多様化に伴う実務知識の習得
【VII企画コンサルティング】  
  1. 土地活用コンサルティングに必要な実務知識の習得
  2. 企画書の作成
  3. 不動産投資のリスクマネジメント
 
 

賃貸経営実務検定

2009年3月17日 登録 |

賃貸経営実務検定
資格のステップアップで、賃貸経営のプロとしての知識を段階的に学び、さらなる活躍の場を広げます。
 

大家検定 大家検定2級を取得することにより、賃貸管理運営(満室経営)に関する知識を幅広く習得することができ、経営の安定化やトラブル等に対応する力を身につけます。 1級では、一歩進んだ法知識やファイナンス面での生きた情報を習得することにより、専門家としての知識を身につけます。マスター資格では、指導する立場となる技能を学び、幅広いフィールドへ飛躍する力を習得します。

認定講座の種類

大家検定2級
賃貸管理運営(満室経営)に関する知識を習得する。人口動態、需給 予測。募集、契約、管理、トラブル対処に関する知識。借地借家法の理解。
 
大家検定2級資格を取得すると・・・
日常的な賃貸経営で直面する課題に的確に対処できるようになります。
例えば空室対策、契約手続き、家賃滞納問題、敷金精算問題など。

 
大家検定1級
土地活用、賃貸経営に関する事業収支計画の策定、不動産投資に関する知識、またこれに関連する建築基準法、民法、税務、ファイナンスの知識を習得する。
 
大家検定1級資格を取得すると・・・
賃貸経営の長期的な経営分析ができるようになり、将来直面する問題にいち早く的確に対処することができるようになります。そのほか、各種法令や税務を熟知することで、土地活用に関する専門家と対等なコミュニケーションが成り立ち、目的をスムーズに達成できるようになります。

 
大家検定マスター資格
不動産運用設計、土地活用、建築プランニング、建築施工管理、相続 対策に関連する資産分析、及び対策に関する専門知識を習得する。
 
大家検定2級資格を取得すると・・・
1.賃貸経営コンサルティング能力が身につきます。
土地活用、賃貸経営、不動産投資のプロフェッショナルとして、ご自分の資産運用はもちろん、コンサルタントとして、大家さんや地主さんの相談に応えることができるようになります。
 
2.SG(スタディーグループ)を作り、認定講座・検定対策講座を開催できます。
各種講座の募集や開催を通して、賃貸経営を向上したい大家さんや地主さんの仲間が増えるようになります。
 
3.各種フェア、各種企業・団体での講演活動の機会が増えます。
体系的な知識を持つプロフェッショナルとして、各種企業のセミナー講師の依頼に応じて、ご紹介していく予定です。

 
大家検定

検定・認定事業の目的

2009年2月12日 登録 |

大家検定

 

検定・認定事業の目的

1.土地活用、賃貸経営、不動産投資のプロフェッショナルを育成する。
 
2 .大家業は事業・サービス業であるという基本を元に、正しい賃貸経営ノウハウの伝達と経営者意識の向上につとめる。
 
3 .入居者利益向上のために、大家さん、不動産関連業者が互いに協力し合う環境を整備し不動産業界全体の発展に寄与する。
 
4 .大家さんと不動産業者間の知識・ノウハウのギャップを解消し、経営環境の変化に即応できるように、分かりやすく、実践に活かせる知識を伝達していく。
 

J-RECは賃貸住宅経営の専門家として「大家検定」を認定する機関です。

大家検定

  • ゼロから大家さんになる方法を学びたい・・・
  • 今ある空室を満室にして健全経営をしたい・・・
  • 土地の有効活用をはかりたい・・・
  • 社員教育、プロのコンサルタント育成に生かしたい・・・

J-RECの賃貸経営実務検定(通称:大家検定R)は、全国各地の認定講座で統一カリキュラムにより、いつでも、どこでも、気軽に賃貸経営に必要な実務知識を学ぶことができる画期的な教育制度です。

2級は主に賃貸管理運営に関する知識・技能、1級は不動産投資及び土地活用に関する知識・技能、そしてマスター資格では不動産運用設計に関する専門的かつ実務的な知識・技能を身につけることができます。

また、マスター合格者はJ-RECより「賃貸経営コンサルティング技能士」の資格が与えられ、所定の審査を経ることにより認定講座を開講でき、地域のインストラクターとして活躍することができるようになります。


資格取得の流れ

2009年2月12日 登録 |

 

大家検定資格取得の流れ


※講座は来春より随時開催、検定試験は年1回(秋)に開催予定。

大家検定試験のポジショニング

2009年2月12日 登録 |

既存の不動産関連資格は、不動産業者の専門性を高めるための資格制度がほとんどです。賃貸経営の実務者であるオーナーのための資格制度はなく、このゾーンのスキルを求める潜在ニーズは高いと思われます。
 

大家検定試験のポジショニング

1